脱毛に関する知識

永久脱毛って本当に永久?

永久脱毛と聞くと文字通り永久的な効果があると思ってしまいますよね。ですから一生生えてこない脱毛方法と認識されている方も多いでしょうし、とても魅力的に感じてしまうものではないでしょうか。しかし永久脱毛をすればずっと生えてこないのかというと、実はそうでもないのです。
永久脱毛には定義があるのですがそれは、脱毛を完了してから1ヶ月後の時点で毛の再生率が20%以下の場合というものです。要は完全にツルツルが維持されるわけではなく、ある程度は生えてしまう場合でも永久脱毛に分類されてしまいます。むだ毛が二度と生えなくなるわけではありませんからガッカリしてしまうかもしれませんが、でも大部分の脱毛ができることには違いないですし検討してみる価値はありますよね。

どんな施術なら永久脱毛ができる?

脱毛方法にはいくつかのやり方がありますが、その中で永久脱毛ができると言われているのは限られています。永久脱毛が可能とされているのはレーザー脱毛とニードル脱毛であり、これらの施術ですと効果的に脱毛をすることができるのです。なおいずれの施術も医療機関で行うのが基本となっています。
そして特に主流となっているのはレーザー脱毛の方です。ニードル脱毛は最も強力な効果を持つ脱毛方法で現在でも採用している医療機関もありますが、ただ痛みが強い問題や手間暇がかかるなどの欠点があります。レーザーですと痛みが比較的小さく尚且つスムーズに施術ができるために主流な方法となっているのです。ですから医療機関での脱毛というとレーザーを指すことが殆どですね。

全身脱毛を東京ですれば保湿ケアが付いているので潤いのある肌質へ導いてくれます。料金も月額制なので通い続けることができます。